取説の取説

人間観察アプリ

取説の取説

戦国時代の茶会など茶道はとても高貴で敷居の高い社交場であった。招く方も招かれる方も命をかけてその一瞬に陶酔した。
切るか切られるか
静寂の中に温もりと厳しさを兼ね備えていた。茶会における亭主は全神経をお客の気配に集中する。ピーンと張り詰めた茶室で究極の「おもてなし」は行なわれる。
究極の「おもてなし」はお客を「手利き」「目利き」「耳利き」と分けて行われた。文献や資料などは一切見つかってないが「武将」や「茶人」の間で口伝にて伝わったとされる。

お茶室
LINE@登録